ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習

何度も何度も同じ人体を書いている派zなんだけども、どうしても線が1本に絞れない!

少し太めの線になった状態だと、補正がはいって「かけたような気分」になっちゃうのがよくないなー。

かけたような気分がほしいのもそうだけど、しっかりと描きたいものを書けるようになるためにも、「何のために書いているのか」意識しながら描いていかないと、「練習してる自分」に満足しちゃいそう。

日々精進だな~。

 

【画力上達】人体を思った通りに描けるように底上げしてくれるオススメの教本5冊

[st-card id=1307]

【画力上達】背景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

[st-card id=1755]