ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習 ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習

このところ、スーツ男性の練習をしています。

海外俳優さんのスーツ画像は、練習をしていると気持ちがウキウキしてきます(n*´ω`*n)

スーツに着られている、ではなく、しっかりスーツを着こなしてるところが素敵です。

シルエットもしわの入り方も、ネクタイの〆方も緩め方も、やはり「見られている」ことが前提にいらっしゃる方々の撮影された作品は、「見せ方」がとても美しいです。

俳優さん、カメラマンさん、照明さんなどなど…1枚の作品を撮影されるにあたってたくさんの方々がかかわっているんだなあと思うと同時に、絵で描くことができれば自分一人で完結して「思った通りの理想の男性」を描くことも可能だというコト、改めて楽しくなってきました。

白紙の上に、自分の理想を描けるように日々精進します。

 

人体を思った通りに描けるように底上げしてくれるオススメの教本5冊

[st-card id=1307]

背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

[st-card id=1755]

 

スポンサーリンク

絵の練習に利用した書籍