ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習

今日もスーツアクションの模写。

スーツと体は以前より目で捉えて線に起こせるようになってきた!ので、描いていてとても気持ちよいです。しわの入り方がわからない…という不安も1000体模写を目標に「手が覚える」ことで解消できそう。

ただ、今日描いていて困ったのは「顔が書けない」というコト。

小さめの人物で描き上げているので、なんとなーくの目鼻位置でそれっぽくごまかしてる。。。

せっかくスーツが書けるようになってきたのに、顔が書けないなんて切ないので顔の練習そろそろしよう。

改めて練習すると「あっちができるようになると、こっちのできてないところが気になる」の繰り返しが起こるんだなーと思いました。

人体を思った通りに描けるように底上げしてくれるオススメの教本5冊

[st-card id=1307]

背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

[st-card id=1755]

 

スポンサーリンク

絵の練習に利用した書籍