筋肉を写真や図などを見ながら描いていてもいつももにょっていたのは「この線はどこにいってるの?」がわからなかったことです。

ルーミスでは図と一緒に説明の文章が書かれているので、その部分を読みながら描いていくと、なんとなーく把握しながらできてる感じがします。

線に把握した状態を再現できていないけれど、今まであてずっぽうで見たままだけを描くということをしていた時より、意識して書けるような感覚をもらえました。

意識して数を描こう!(数かけばいいわけじゃないけども)

 

【画力上達】人体を思った通りに描けるように底上げしてくれるオススメの教本5冊

[st-card id=1307]

【画力上達】背景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

[st-card id=1755]