ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習 ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習

引き続き、ルーミスの優しい人物画を読みながらの模写。

手癖に流れるのをなんとかこらえつつ、線を引いているつもりでせこせこ。

同じものは描いた分だけ楽に描ける感覚、なのだけれども、それがつい惰性で手癖に流れそうになることも多々。

数を書こうと気が焦ると、手癖に流れそうになります。

手癖が悪いわけではないけれど、「こういう線をかけるようになりたい」が目指すところとしてあるので、そこに向かうためには手癖は意識して修正していきたいですね。

 

【画力上達】人体を思った通りに描けるように底上げしてくれるオススメの教本5冊

[st-card id=1307]

【画力上達】背景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

[st-card id=1755]