前後逆に生ってしまったけれども0日目。

ルーミスを勉強して1ヶ月後、半年後、1年後の自分が成長してる!かもしれない!と振り返った時思えるようにスタート地点をここに掲載していきます。

 

スポンサーリンク

絵を描き始めた2010年

ヒトを描くのって楽しいね

人を描くのって楽しいね、というサイトを見つけてから毎日練習するようになったものです。

ヒトを描くのって楽しいね

2015年9月現在

ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習

このところ室井さんの言葉に触発され、1000体模写やっていたので、すこしはシルエット把握できはじめてきたかな?とは思っているのですが筋肉に説得力がない。しなやかさに欠ける。体のながれや、重心の位置がまだ出来かねてる感じ。課題点が沢山あって何をやったら良いかなーと思っていた頃でした。

ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習

手も「手が覚えてくれる」様なかんじでひたすら構造どうのではなく形をトレースする練習してました。

ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習

さて、これが1ヶ月後、半年後、1年後どんなふうに変わるのか楽しみです(*´∀`)…とはいえ、5年前と比べて描けるようになったなあ…しみじみ。

 

人体を思った通りに描けるように底上げしてくれるオススメの教本5冊

[st-card id=1307]

背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

[st-card id=1755]

 

オススメの絵の練習書籍はコチラ